近鉄奈良線 河内小阪駅下車 徒歩1分 東大阪市小阪の整形外科

医療情報動画

骨は若返る~骨折を防いで健やかな人生を送るための骨粗鬆症対策

この医療動画は「整形外科ドットTV」において2005年11月から2009年11月に渡って掲載されたものです。これらの医療情報は必ずしも個々の診断と治療に当てはまるものとは限りません。この点をご了承いただき、自己の責任でご利用下さい。

再生時間 19分 公開日 2006.12.19

 近畿大学医学部奈良病院 整形外科・リウマチ科教授 宗圓 聰先生が骨粗鬆症の現状と治療について詳しく解説。
最初に骨粗鬆症関連骨折について触れ、骨折の起こりやすい部位と発生頻度について説明。
また寝たきり原因疾患として、骨粗鬆症・骨折が上位にあげられるという事実も紹介。

骨粗鬆症関連骨折によるQOL障害の発生や、骨折が直接の死因につながらなくても骨折を起こす事により
死亡率が確実に上がるという骨粗鬆症に対する認識を覆す内容に驚きの連続です。
上記内容をふまえ、骨折のリスク評価をしたうえで骨折防止の治療手段の重要性をのべています。
骨粗鬆症の診断基準についても他国と比較し、コンテンツ内で明確に示しており患者様にわかりやすい内容です。
加えて日本骨粗鬆症学界で2006年10月に発表された新ガイドライン「骨粗鬆症の予防と治療のガイドライン」
というタイムリーな内容も盛り込んでおり、プロユーザーの方にも大変お役立て頂けると思います。
それに伴い薬物治療の開始基準が変わった事により患者様に耳寄りな情報も多数ございます。
 骨粗鬆症治療薬の有効性については、最新状況を詳細に説明しており今後の治療にすぐに役立つ情報です。
 積極的な骨粗鬆症治療を行い今後増加が見込まれる大腿骨近位部骨折を少しでも減らしていこうという
 メッセージを込めたコンテンツです。ぜひご覧下さい。