近鉄奈良線 河内小阪駅下車 徒歩1分 東大阪市小阪の整形外科

医療情報動画

足関節の捻挫~長引く痛みをどう治せばよいか Part1

この医療動画は「整形外科ドットTV」において2005年11月から2009年11月に渡って掲載されたものです。これらの医療情報は必ずしも個々の診断と治療に当てはまるものとは限りません。この点をご了承いただき、自己の責任でご利用下さい。

再生時間 約14分 公開日 2007.03.08

このコンテンツは患者様だけでなく、実際足関節靭帯損傷に携わる医師や理学療法士、看護師、柔道整復師などプロユーザーの方にとっても必見のコンテンツです。
数ある整形外科の疾患の中でも一番身近な疾患である足首の捻挫、そのほとんどが足関節外側靭帯の損傷であることは、小味医師のコンテンツでも触れています。
今回は奈良県立医科大学整形外科教室の「足の外科研究班」を代表して、済生会奈良病院 整形外科部長 杉本和也先生に足関節外側靭帯損傷について徹底的にお話して頂いています。
まずこのPart1では、足関節にある骨と靭帯の種類についてイラストを用いてわかりやすく解説。靭帯が切れることによっておこる異常な動きをアニメーションでご覧いただけます。また診断の為、ストレス撮影の方法の紹介や靭帯の機能の違いを貴重な関節造影を用いて証明。同じ捻挫でも切れた靭帯の種類や数によって、症状や治療方法が異なります。